ホームへ戻る
天然物素材・絹雲母
Dew Pearl
シェルパールS
エイトパール300S
エイトパールFK-1000
パール顔料・ラメ製品
パール顔料
NEWオーロラフレーク
アルミフレーク
粉体処理品
NS処理パウダー
タルクJK-1
環境関連
再生不飽和ポリエステル樹脂
離型コーディングシステム
メッキをスプレー塗装で(銀鏡)
NS処理パウダー
タルクJK-1

NS処理パウダー
メークアップ製品においては、機能性や使用時の特徴を大きく左右するのが粉体である。そしてそれらの目的に応じて様々な処理粉体が用いられてきたが、特にシリコーン処理は、表面処理において欠かすことの出来ない重要な役目を担うものである。そこで新たに開発されたシリコーン処理粉体が、NS処理である。

◆特長

従来のシリコーンは、ハイドロジェンタイプであり、経時変化により未反応の SiH が分解して水素ガスが出てきてしまうが、NS処理用のシリコーンは、根本から水素の排出を無くし、製品への悪影響を防ぐ事が出来るようになった。それに加え、物性面・感触面での改良も行われたものである。

◆特性(処理粉体のかさ比容積)

NS-Sタイプ
ソフトな感触
NS-Fタイプ
フィット感
従来品
セリサイト
3.73
3.91
2.97
マイカ
3.48
3.56
2.96
タルク
2.82
3.28
2.99
酸化チタン
1.18
1.20
2.09
微酸化亜鉛
2.14
2.31
Sタイプ・Fタイプともに、従来品に比べ比容積が大きく、フンワリ感が出ていることが判る。ただ、酸化チタンのみ、かさ比容積が小さくなっているが、これはもともと表面活性の強い酸化チタンにしっかりと表面処理を行うことで、活性が抑えられ、流動性も向上していると思われる。

◆配合製品としての特徴
これらNS処理の粉体は、パウダーファンデーションへの配合はもちろん、リキッドファンデーションへの応用も可能になった。これらを配合した際には、低粘度で伸びの良い製品が得られ、経時での水素ガス発生が無いために、容器内での気泡の発生も無い。また、ゲル化なども起こらないことから、NS処理の特長が大いに生かされるものである。以上の点からも製品の安定性はもちろんのこと、従来の処理粉体の良い面をさらに発展させ、問題を改良したものと言える。

Sタイプ表示名
称:
トリエトキシシリルエチルポリジメチルシロキシエチル
ヘキシルジメチコン
INCI名:
TRIETHOXYSILETHYL POLYDIMETHYLSILOXYETHYL
HEXYL DIMETHICONE

F タイプ表示名称: (アクリレーツ/アクリル酸トリデシル/
メタクリル酸トリエトキシシリルプロピル/
メタクリル酸ジメチコン)コポリマー
INCI名:
ACRYLATES/TRIDECYL ACRYLATE/TRIETHOXYSILYLPROYL
METHACRYLATE/DIMETHICONE METHACRYLATE COPOLYMER
タルクJK-1
元来タルクは、滑石と称されるほど、非常に潤滑性に富み油脂感のある白色粉末であり、親油性・疎水性である。また、一般的には板状結晶形であり、耐熱性にも優れたものである。弊社では、化粧品グレードのタルクを弊社開発特許の酸処理を施すことで、タルク独特のロウ質感の除去を行い、セリサイトに近い感触に精製したものがタルクJK-1である。

 表示名称:タルク
 INCI名:TALC
 成分コード:001393

◆特長

このもの自体は、非常に感触面での違いが判りやすく、油分に練り込むとさらに、さらっとした雲母系の肌触りを有するものである。